スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けんさ けっか

2010.08.20
病名 門脈体循環シャント

ボクの 病気の おなまえ





2010年7月19日


やまぐちだいがく


山口大学動物医療センターへ 行ってきました。

午前中 レントゲン 血液検査 麻酔ナシ検査 モロモロ

午後から 頭部MRI 腹部CT その他モロモロ検査


ぶじ 生還(笑)







どきどき します


おっかぁ 毛深いなぁぁ  (それは おっとぅの あんよじゃ)


まぁ 待ち時間の 長いこと 長いこと


午前中の 検査 終了まで 二時間


おわった ボクは おつかれよ


ごぜんちゅう おわり・・


↑検査のため おなかを ざんぎりに カットされたの (しくしく)


午前中の 結果を聞いて 午後の検査が 決まる

午後12時 ボクは また おっかぁと はなればなれ 

ふたたび 会えたのは 午後8時

おっかぁも びっくりの 8時間待ち でした。 






結果

手術は 可能

ただ・・・



問題が 勃発


ボクの 胆嚢に 1cmほどの 何かがある

ボクの からだの 炎症反応が 高い


門脈体循環シャント と 胆嚢の異常では

高くならない はずの 炎症反応


それが どこからの 炎症反応なのかが

検査の結果 だけでは わからず

先生方は とても 心配 していました


先生
「ここ数日 何か 変化は なかったですか?」


おっかぁ 
「そういえば 前日 元気が なかったです」


おっかぁ それ 先に 先生に 言ってよ~  (すまん すまん)




炎症反応の 血液検査が 動物病院では できなくて

ボクは また 来週 大学病院へ 検査に 行きます





がんばった ボク えらいなぁぁ








大学病院 緊張 したけど
やさしい 病院でした


問診は 7月15日の状態から 始まって
小さなことも 話してくださいねと 言われました

それは それは 細やかな お心遣い
丁寧な 説明
動物をみる 先生方の 優しいまなざし
ぷりんの 担当の先生は 2名

午前中の レントゲンに 胆嚢の異常が みつかった

血液検査では 

白血球の数が多く
血糖値がかなり低い (いつ痙攣をおこしても おかしくないほど)
炎症反応が かなり高い (通常 1 が 12)

血糖値が低いため 血糖値をあげながら 麻酔をかけるので
午後の検査中 4回 血糖値を 測定されていた

レントゲンより 水痘症の 疑いも ぬぐえない ことと
脳症を 起こしたので 頭部MRIを すすめられ
胆嚢の 異常と 肝臓の状態を みる為 腹部CT

きちんと 説明をして 頂きながら
これらの 検査を 進められました

リスク
両方の検査だと 約2時間の 麻酔時間になること
血糖値が 低いので 健康な ワンちゃんより リスクが高いこと
説明は しっかり 受けて
MRIとCT 両方の 検査を お願いしました


午後8時 説明が 始まる
門脈体循環シャント  でしたと (やっぱり。。)
CTにはっきりと シャント血管が 写っていました
水痘症の心配はない
胆嚢の中に 結石か腫瘍が ある
肝臓の大きさは 通常の2分の1しかない

病気を治すことが 一番の目標であるのか
手術をするのが 自然なことのように 説明を受けました

ただ 今は
炎症反応が 高いので このまま 手術を 行えない
一時的な ものなのかを 知るために 再度血液検査を する



ここで また 悩むことに なったわけです
このまま 内科的治療にするのか
手術を 受けるのか

一生懸命 考えています


悪性リンパ腫のネコちゃんの 飼い主さんからの お話
7月の末に 手術を 受けたとき
とても 丁寧な 対応
親切な 入院設備
やさしい 先生方や 看護師さんの お話
たとえ 検査でも 連れて帰っても 大丈夫と 先生が 判断するまで
飼い主さんの 元へは 返さない などなど

いろんな お話を 伺うことが できました
少し 安心しました

大学病院の 場合
動物は 人と 同じように みているんだわぁと 感動すら したのよ


だからこそ こんなにも 料金が お高いのだと・・
その理由が わかりました。
待合室に ひとつひとつの料金が きっちりと明記されている
その金額は たぶん 動物病院と さほど かわらない

では なぜか・・
検査の量が 半端なく 多い
最善の注意を 払い 検査が おこなわれる
血液検査の 項目だけでも その数が すごい
すべて 電卓で はじいたら(笑)
なるなる 高額に






ぷりんに とって どうすれば
幸せに のこりの せいかつを おくれるのか


おっかぁと おっとぅは 考えます













今日は すこし つかれたのか

炎症反応の せいなのか

ねてばかりの ちみ

やっぱり かわいいぞ(笑)

つかれた なりぃ

  午後の 検査で さらに お腹の 毛を 切られてた
↑この よこパッツンは ないでしょ~ しかも ちょろちょろ毛が 残ってるし
王子なのにぃぃ








スポンサーサイト

テーマ : 病気と闘う犬
ジャンル : ペット