スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいがく 病院へ

2010.08.25
2010年 8月 23日

大学病院へ 検査へ

血液検査 だけに(笑)

とおいぃ ちゅーねん!




この日 待合室は 大型犬が 多し

ワンちゃんが 10頭以上 は いたかと 思われるが

まぁ ボクもふくめ おとなしい ワンちゃん ばかりで

とっても 静かな 待合室だったよ



ちみも くつろぎ すぎ ちがいます?



まちあいしつにて


ちょっと 画像 暗し・・・ 

おっかぁ ったら へたくそ なんだからぁ~




そんな 時だった

ひとつむこうの イスの おばちゃまが

近寄ってきて ボクに言った

「まぁ かわいいこと!」 (王子だもん あたりまえ)

「うちもね、チワワ で 10kg あるよ」

「それにしても・・・」  このあとの言葉 注目

「立派な こと」 (おっかぁ はて?)





「こんなに 立派なの みたことないわぁ~~あぁ~はっはっは!」(大笑い)

「ものすごく 大きな おちんちん


 おちんちんの ことかぃ!!

一緒にいた 息子さんを 呼ぶ

「みてみて! この子の おちんちん」

息子さん テレながら言った

「ここからでも 見えてるよ」  なんですとーっ! 




ボクの おてぃんてぃんは 立派だそうです

「はぅぅ」



ちょっと おねむ


いえね、おっかぁも うすうす
そーなかなぁ とは 思っていたけど
そんなに 大きな声で 言わなくっても・・
みんな 笑ってたと おもふ

こんな のどかな 待合室 でした(笑)





もしかして ココのみんな 気がついていた とか?(^^ヾ




今回の 結果は 続きにて





血液検査の 炎症反応

12 → 8.8 まで 落ちていた

だが、先生の予測では 6くらいまで 落ちていてほしかったと

なので 今週 もう一度 来てくださいと 言われました




先生に 手術以外の 方法が ないかと たずねましたら

ぷりんの場合 脳症の 症状が 出てしまったので

内科治療で お薬で 抑えたとしても

また 半年後に 悪くなる 可能性も なきにしもあらず

今の 状況の場合 外科的に 治療を行ったほうが いいだろうと 言うことでした

それでも 完治を しないかもしれない

その場合 内科的治療しか ないので 切り替える

先生は とても おだやかに 自然に おっしゃい ました

上から目線でもなく ぷりんの状況で 判断してくださっているのが

とても とても 伝わります



おっかぁ お話を 聞きながら

ぷりんの ために 手術を 受けるほうが いいんだろうなぁと 思っています

ばぁばも 手術は 反対だと言っていましたが

先生の お話を 一緒に 聞いていて

そうしたほうが(手術を 受けたほうが)いいのだろうねぇって 言う

それほど 先生方が 熱心に 今の状況を 慎重に考えて

言葉を 発していることが 伝わるんだなぁって 思いました



胆嚢のほうも 悪いもので ある可能性は ぬぐえない

最悪 胆嚢を 取るか 一部切除に なるでしょう とのこと

おっかぁ この手術も 一緒に するのかを 確認せず

帰ってから おっとぅから 突っ込まれた・・

だって・・・ 一人で 話を 聞いて いっぱいいっぱい やったんや もーん(言い訳)



順調に いけば 次回 手術が 決まるでしょう

おっかぁも しっかり お腹を くくります。 ぎゅっ!




おっかぁと 同じ町内の方が いらっしゃっていました

手術5日目の はじめての 面会だそう

9歳の シーズーの 花ちゃん 

子宮の裏側に こぶし大の 癌が あったそうです

おっかぁも 花ちゃんに 会ったけど

とても とても 穏やかでした

いままで 飼い主さんと 離れたことが 一度も ないとは 思えないほど

その様子を 見ていて ここの病院は 動物に

とても やさしいのでは ないかと・・

プラス思考の おっかぁは ふと おもふ



だって 動物病院で ブルブル 震えて いた ぷりんが

おっかぁの ひざの上で のんびり 順番を 待っている姿を みたとき

こんなに ちがうのかと おもったよ


ぷりんの 様子からも おっかぁは 安心を おぼえるのです




プラス思考 すぎかな・・(^^;


心配 したとて

ぷりんの病気は 治らない

このままに していても

ぷりんの病気は 治らない



一歩 前に すすむ




応援してくださっている みなさまの
お気持ちは たくさん 伝わっています

ありがとう ございます


きっと うまくいくのだ
















スポンサーサイト

テーマ : 病気と闘う犬
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

うんうん。
心配していても何も変わらない。
ならばプリン君の生命力&治癒力を信じて
前に進むしかないよ~

いろいろ勉強して知識を頭に詰め込んだら
怖くて前に進めなくなってしまう。

桜の時は一刻を争う!って言われての緊急手術だったから
考える間もなく子宮全摘だったけど、
改めて帰宅後、ネットで調べたら、怖い症例なんか載ってて
事前に知っていれば迷って悩んで決断できなかったかもしれない。

何事も前向きに考えて
一歩前に踏み出す勇気を

遠いよね~お疲れ様でした
ぷりんちゃんが病院で震えずくつろいで?いるなんて。
大学病院ってすごいですね
おっかぁさんの文面からもとてもよい病院なんだって事が伝わります。
これから手術になるみたいですが、おまかせしても大丈夫!と信頼出来そうだから。。。
おっとぉさんの突っ込み・・・よ~くわかります。想像出来るわ~(笑)
しかし、病院で出会ったおばさま!おてぃんてぃんの事を~そんな大声で~
ぷりんちゃん、元気になったらぜひ立派なおてぃんてぃん。。。いえ愛らしい姿を見せてくださいね~♪

ぽろりが「ぷりんくん、おTINTIN大きいだか?」
と盛んに訊いてきます。^^
今まで「でかっ!」って思ったことはなかったです。(≧∇≦)・゚・。
あまりソコを凝視してる訳でもないし・・・。
ぽろりと比べても、それほど差はなかったような。

f( ・_・) ン?、待て!

ひょっとして、ぽろりもでっかちゃん??? (≧∇≦)・゚・。

ぷりんくんのおっかあさん、ぷりんくん
こんばんは!
病院おつかれさまでした。
ぷりんくんは病院でも人を癒しちゃったのねv-407
わはは☆

何となく、前が見えて来た感じが伝わってきました。
ぷりんくんも病院で寛げるようになって、
色々変って可能性も広がってきたみたい。
選んだ方法はホントきっとうまくいく、私もそんな気がします。

おっかぁさんと同じで・・
ぷりんくんも~腹をくくったのかなっ☆
さすが!!おっかぁの子だねぇ゚・*:.。. .。.:*・゜

大学病院の、飛び上がるほどお高い料金の意味っ。
なんとなく、おっかぁさんのお陰でわかってきた気がします♪
おっかぁさん、細かい説明いつも~ありがとう(#^.^#)
手術・・。
受ける覚悟なのですね☆ たぶん私でも同じです。
ぷりんくんは、まだ若いんだもん!!
試練を乗り越えて、まだまだ楽しい犬生が待ってる♪

そんなに・・デカいの?ぷりんくん~!!
あっ、そう言えば・・デカかった気がする♪
また、今度見せてねっ(笑)

こんにちは♪
病院で出会ったおばちゃまおもしろいですねー(*^m^*)
プリンくんの・・・ずーっと見られてたのかしら(笑)

外科的でも内科的でもどちらにしても
ぷりんくんの具合が良くなることを願うばかりです
いい病院に、いいDrに出会えてよかったですね
きっと何もかもうまくいく!!
私もプラスに考えて応援してます。

おことば ありがとう ございます。

v-286まきねぇさん
先生ね 難しい 言葉を つかわないんだよ
ボクにも わかるように 説明・・・  (してないだろ・・)

頭で 考えると 難しくなる
ほんとうに そうだね
ボクみたいに てぃん・・ (そんな所で 考えません)

事前調べは こわいこと ばかりでした
時間を かければ かけるほど
決心も にぶって きそぅ(^^;
ただ 安心できる 先生で よかったです





v-286テイヴェルままさん
ままさん てぃんてぃん みるだけでいいの?
本当に? ちょっと さわっても いいよ (なして そーなる)

待合室の 雰囲気も おだやかなんだよ
いい子の お友達が たくさんです。

先生の数も 多いのですが
みなさん 優しくて 動物との 愛コンタクトを 忘れないのです。
それが ぷりんにも 伝わっているみたいだよ(^-^)




v-286ぽろりのおとうたん
こんど ブログに 長さを 記載して (なんのやーっ!)
ぽろりくんと 大きさ くらべ しよーね(はぁと)

どっちが でっかちゃん だろう・・うしし。




v-286saorinさん
大学病院に 週に二回も 行くもんじゃないねぇ
待ちくたびれ 王子に なってしまったよ。

先生達は 飼い主さんより ボクたちを
しっかりと 見つめてくれますよ。

saorinさんも うまくいくって 言ってくれるし
大丈夫だ らぶ♪




v-286マチャミ☆さん
ボクは ダメダメ 腹くくれねぇ(笑)
なんぼ 王子でも 入院は こわいねぇ 
おっかぁが 寂しがって 死んだら困るし (おっかぁは うさぎ?)

大学病院は 特別な 病気の動物が 多くて
聞いたことないような 病名 も たくさん
がんの 動物も とっても 多いよ

ボクも 特別あつかい?
めずらしい 病気だもんねぇ~ えっへん。 (いばるなよ・・)

えぇ マチャミ☆さん ボクの でかぶつ 覚えてる?
ほんとうに でかかった?
おっかぁが 冷や汗 かいてるよ(笑)




v-286Marikoさん
こんな おばちゃん いないよねぇ~
静まり返った 待合室に
でかいでかい の 声がこだまして
大笑いが うずをまく しんじられねぇが 事実

王子の ボクは 穴があったら 入りたいって思って
思わず おっかぁの 鼻のあなに・・ (入れないだろ・・)

プラス思考で ありがとう。
まだまだ 怖いところは あるけれど
先生の 落ち着きを みていると ボクも 少し あんしん

これから まだ 検査も あるので
ボクは また 行かなくっちゃ いけないよ。
がんばるね!

えーっと。
ぷりんちゃん、ゴメン。
私はぷりんちゃんのおてぃんてぃんが大きいことに気付いてたよ。
だって、ちわのおてぃんてぃんと比べると
カレースプーンとティースプーンぐらいの違いがあるんだもん!
うぅぅ、ちわったら不憫な子だわ~(涙)

手術をすることに決めたんですね。
ぷりんちゃんのことを親身になって考えてくれる先生にも出会えたし
治療方針も固まったみたいでホッとしています。
こんなにたくさんの応援してくれる人たちがいるんだもん。
ぷりんちゃんならきっと大丈夫!

おことば ありがとう ございます。

v-286ひろみさん
そっかぁ そっかぁ
ひろみさんは ごぞんじ だったのね
ちわくんのと くらべても ちがうのね
さじ かげんが そこまで ちがうかぁ(笑)
それは あるいみ ボク 自慢する・・・ (するなぁーっ!)

しりつ 決まりそう
というか おっかぁ たちの 中では
ボクの 命を 長く するために
決心 したほうが いいかも と 思っているようです。

みんなの 応援が うれしくて
ボクは 本当に しあわせだなぁって
おもうのよ。

ひろみさんも ありがとぉ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する