スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きまったよ

2010.09.05
2010年 9月 2日


ボクは 大学病院へ


食事を はさんで 二度の 血液検査


ちくぅ~ だったよ いたい いたい・・



がんばった ボクに 愛のぽち(笑) 応援ありがと




また ねむねむ




しりつが 決まりました


今週の いつか・・・ (いつやねん!)



当日 使い古しの

バスタオルを に さん枚 持ってきてください



そういわれた おっかぁ あわてた


バスタオル・・・ 使っていないぜ




さっそく しまいこんだ バスタオル を 出してくれたので


ボクは にほいを つけてます

そりゃ もぉ 必死よ



におい つけ・・
ソファーの 背もたれ バスタオル まみれ(笑)



入院中 すこしでも
おうちの にほいで 過ごしてほしい
おっかぁたちの にほいを 感じて欲しい
ふあんな きもちを やわらげてあげたい

そんな きもち いっぱい


しりつまで


ぷりん だいじ だいじ

ぷりん 大丈夫 大丈夫

ぷりん 愛してるよ

また ここに 戻って きてね


言葉を 伝えながら

一緒の 時間を たいせつに 過ごしたいなぁと

おもいます。。





手術が 無事に おわったら
また おしらせ しますね




診察の日
この一週間 元気ありまくりの ぷりんの姿を みていて
手術を 受けることを 躊躇し
ずっと 悩んで いることを
先生に 正直に 伝えました

先生も その気持ちは とても よくわかります
そう おっしゃって くれました

検査結果も ベストな 状態
先生のお考えは この病気の場合
手術を せずに 内科的治療を すすめることは しないと
ただ 飼い主さんの 意向が なによりも 大切なので
二時間後の 検査のときに また お話しましょう と・・・

なんども 聞いた 言葉

手術が 必要なのは 頭では わかっている

「でも・・・」 この言葉が こだまする



開腹しないと 状態は わからない
シャント血管の 流れを 調節し 
そのときの 肝臓の状態をみながら おこなわれる 手術
順調に すすめば 胆嚢の腫瘍も みてくれるそぅな

長時間に なるかもしれない 手術


いま 元気だからこそ 闘うちからが ぷりんには ある

回復 する ちからも ある

おっとぅと 連絡を とりながら



「手術を お願いします」と お返事を しました

なやんだぁぁぁ

苦しかったけど

決心しました



ぷりんの 生きるちからを 信じて



手術当日 あさ 預ける だけ
順番は あさしか わからない
待つことも できない・・・

1日の担当先生の 手術は 多くても 4つしか こなせない

時間がおしたら さいごは 夜中にまで なるそう・・

手術が 終わったら たとえ 夜中であろうと

必ず 連絡 します 

そう 言われました


おっかぁ 預けて 帰ることが できるだろうか・・

なによりも 二週間の 入院の あいだ

おっかぁが 寂しい病 に ならんことを ねがう(笑)



かならず 成功 して

おうちに もどって きてくれる

ぷりんのせいかつ に もどって きてくれる


おっかぁが 愛する ここ ぷりんのせいかつ に





スポンサーサイト

テーマ : 病気と闘う犬
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)